災害時の命の糧になる土嚢袋|使い捨てがお勧め

様々な利用用途があります

土嚢

簡単に作れます

日本は世界の中でも有数の多雨地域として知られており、水害などが起こる可能性が高いです。テレビや新聞などのニュースでは、毎年のように水害の報道がなされています。そのため、日頃から水害などの災害に対する対策を施しておくことが大切です。そして水害に対する対策として、土嚢が良く利用されています。河川や自宅前に土嚢を設置しておけば、水害の被害を最小限に抑えることができます。台風などによる多量の降水は、河川湖沼の氾濫のみならず、住居や店舗になどの浸水にも繋がってきます。場合によっては、大きな被害ももたらすことがあります。そのような緊急事態に備えて、土を詰めた土嚢は大きな役割を果たしてくれます。自治体の方でも、土嚢を配布しているところも少なくありません。土嚢は専用の袋と土があれば簡単に作れるのが、人気の理由でもあります。

災害防止以外の利用

水害など災害を防止できる土嚢ですが、災害対策以外にも利用されています。その一つが、防草シートの重り役です。防草シートが風で飛んでいくのを防ぐ押さえとして、土嚢を利用する場合があります。広い空き地などに、防草シートを見かけることがあります。そしてその防草シートの端に土嚢を積んでいますが、防草シートの重りとして使用する場合は注意が必要です。土嚢袋の中には、その辺で採った雑草の種が混じっていることが多いです。そのため袋が破損すると、それら雑草が発芽する可能性があります。防草シートを施工する間、また数日後に砂利を乗せる間など短期間であれば問題ありませんが、長い間使用する場合は気をつけてください。この場合、定期的に土嚢袋を交換するなどの配慮が必要です。