災害時の命の糧になる土嚢袋|使い捨てがお勧め

作業時の部品を気軽に利用

建設現場

保管やメンテナンスが不要

建築や外壁工事などに使われる足場は、最初に部品ごとに組み立てを行い、作業が終われば回収する必要があります。足場が使われない間は業者で保管をしなければならず、部品が多いほど場所を取るので取り扱いも大変です。しかし、この足場はレンタルとして利用することができるので、使用後は業者へ返却をすれば保管をしなくて済みます。その都度、レンタルをして利用していけば、メンテナンスなどの心配もいらなくなります。このレンタルサービスは、足場が必要なときに事前に予約を入れておけば、適用範囲内であれば現場まで届けてくれるシステムです。足場一式ではなく、1つの部品だけでもレンタルを行うところもあるので、交渉してみる価値はあります。また、各種メーカーの足場を取り扱っているところであれば、希望のメーカーで申し込みができます。作業中に足場にトラブルが起きたとしても、レンタル業者がすぐに対応してくれるため安心です。

ケレン作業の必要性

足場のレンタルを利用する場合、その素材にもこだわっておかなければいけません。こういった部品はサビが発生したり、塗装がはがれてしまうこともよくあります。そのような状態で使用していては、耐久性の心配が出てきてしまいます。高所での作業は安全性が特に重視されるため、疑問視される素材は避けるのが無難です。そのため、サビや塗装膜のはがれをなおしてくれるケレンの作業が部品には必要となります。レンタルの申し込みのときには、ケレン作業の有無をまずは確認してみるのがおすすめです。足場のケレン作業をする場合は、その数や大きさから工場を所有しているところも多いです。そういうところは、本格的に足場のメンテナンスを行っている可能性も高く、メンテナンスについて詳しく聞いておくのもいいでしょう。