災害時の命の糧になる土嚢袋|使い捨てがお勧め

土の要らない土嚢

土嚢

吸水土嚢は、水に浸けると内容物が大きく膨張し、頑丈な土嚢としての役割を果たす製品です。手近に土を入手できない都市部の住宅や商店などにおいて備えておくと、水害発生時等に素早い対策を講じることができます。

作業時の部品を気軽に利用

建設現場

足場は高所で作業をするときに必要な部品であり、建築や外壁工事などでよく使われています。このような足場はレンタルとして必要なときに利用することもできるので、保管をしなくてもいいメリットがあります。ただし、安全性の高い足場を利用していくためにも、信頼できる業者からレンタルしていくことが大切です。

様々な利用用途があります

土嚢

水害などの差災害対策に欠かせない土壌ですが、災害対策以外に使用する時は注意が必要です。土嚢を長期間利用する場合、袋が破損してしまう可能性もあります。そのため長期間利用する時は、定期的に交換するなどの対策が必要です。

おすすめの業務用製品

土のう袋

便利な使い捨てタイプ

草刈りや木の剪定をすると大量の葉や枝が出ますが、どうやって処理されているでしょうか。工事現場で使用されている手押し一輪車に載せて移動すると、バラバラと落ちてしまいます。一輪車を止めてまた拾わなければならないので面倒です。そんな時にも役に立つのが使い捨て土嚢袋でしょう。使い捨ての土嚢袋なら、剪定作業などで生じる草木や葉っぱなどを詰め込めるので、後処理も簡単です。一輪車に効率的に載せることができるので、移動中にバラバラと落ちることも少なくなり、作業効率を改善できます。土嚢袋はゆったりとしたサイズをしており、剪定作業で生じた比較的長い枝などもしっかりと入ります。もし入り切らない場合には、枝を折るなどしましょう。さらに土嚢袋の口の部分をしっかりと閉じて、ゴミが外に飛び出さないようにすると便利です。

屋外向けタイプ

水害を止めるのに役に立つのが土嚢袋です。土を入れた土嚢袋を重ねることで隙間がなくなり、水をせき止めることができるため、住宅の浸水防止や地下街への侵入防止など様々な場面で利用されています。水害用の土嚢袋を利用する際に注意したいのがUV性能です。屋外で利用する土嚢袋は耐久性が求められます。日中降り注ぐ紫外線や土嚢を積み重ねても耐えられる高い耐久性がなければ、破れてしまいその役割を果たせなくなります。市販されている土嚢袋の中には紫外線に対応している製品もあるので、太陽光が燦々と降り注ぐ夏場の屋外でも、1ヶ月はゆうに持ちます。土を入れて利用する土嚢袋の場合には、紫外線や重量に長期間耐えられるものを選ぶことが大切です。